正しい剣道の知識は意外にも知られていません。本サイトでは【正しく】誰が見ても【分かりやすい】剣道に特化した情報を配信していきます。

通販で防具・竹刀を購入するときの注意点!実際の失敗談も紹介

  • 2020年3月8日
  • 2020年4月3日
  • その他
  • 296view

剣道具の通販は、実際に店舗に行かなくてもすぐに買えるのでとても便利です。しかし、実物を見ていないために、サイズが合わなかった、ものが悪くすぐに壊れてしまった、というような失敗談もよく耳にします。

剣道具の通販で失敗しないためには、通販で買っても大丈夫なものと、注意が必要なものをしっかりと理解しておくと安心です。実際に通販で購入した人の声も参考に見ていきましょう。

防具を通販で買うときのポイント

防具の購入で大切なのはフィット感

防具を購入するときに絶対に外せないポイントは、フィット感(サイズ感)です。サイズが合わない剣道具を使うと、怪我をしやすくなったり、試合や稽古中に実力を出し切れなかったりします。

剣道具の中でも、面と甲手は、最も安全性と実力に影響する部分です。面は、サイズが合わないと打たれたときにズレて適切に頭を防御できなかったり、物見が合わず相手が見えづらかったすることがあります。また甲手も、サイズ合わないものを使うと竹刀が握りづらくなり、技を打ちにくくなります。

剣道具を通販で購入することは非常に便利ですが、自分のサイズにあったものを購入することは非常に難しいです。なぜなら、顔と手の「形」は十人十色なため、顔や手の「長さ」を図っただけでは、実際にサイズがフィットする防具とは出会えないからです。

通販で防具を買うときの失敗例

例えば、通販で小手(甲手)を購入したとします。「手のひらの長さ」と「手のひらの幅」を測った上でLサイズを購入しました。しかし、実は自分の「手のひらの厚さ」は人よりも分厚く、XLではきつかった!という可能性があるのです。

通販で防具を買うとき予想される失敗は、しっかりサイズを測ったつもりでも、通販で表示されているサイズだけではカバーできない部分があるということです。

せっかく高いお金を払って購入したのに、サイズが合わず、競技に悪影響が出てしまってはとても残念ですよね。そのため、可能な限り防具屋へ直接行き、自分の体の「形」も含めたサイズを測定してもらい、合ったものを購入することがおすすめです。

防具屋の中でも、体の「形」までを測定し、防具を作ることができる防具屋は少ないため、事前に体の形に合わせて特注が可能なのかどうかを確認してみると良いでしょう。

どうしても通販で購入したい場合は、事前に通販サイトに返品交換が可能かどうかを確認しておきましょう。サイズが合わなかったときでも、取り替えてもらえるのならば安心して購入できます。もしくは、一度通販を運営している店舗に足を運び、きちんと測定をしてもらった上で購入をすると良いでしょう。

面と甲手の通販購入の失敗談

こちらは、ばんとう武道商店のお客さんで、実際に防具を通販購入した方の失敗談です。

今後通販での購入を検討している方は、参考にしてください。

・大学3年生男子(21歳)
通販で、面と甲手を購入。面は、「顔のサイズ」を計測し購入たものの、結局は、「顔の形」が合っておらず顎周りがきついものが届いてしまった。声が出づらく稽古中はとてもストレスだった。甲手に関しても、「手のサイズ」を計測し購入したものの、「手の形」を踏まえずに購入してしまったため、結局自分の小指長さと形が合わない甲手になってしまった。結局、「顔の形」「手の形」が合わないと思いつつも、仕方がないと考え、合わないものをそのまま4年ほど使用してしまった。

竹刀を通販で買うときのポイント

(上)桂竹(下)真竹

竹の種類に注目しよう

通販で竹刀を購入する際に、最低限気をつけておきたいポイントは、竹の種類です。竹にはいつくか種類があり、種類ごとに竹刀の強度が異なります。一般的に剣道具屋で販売されている竹刀の竹は「真竹(まだけ)」か「桂竹(けいちく)」です。

安価な竹刀の中には、孟宗竹など、強度の弱い竹が使われているので注意が必要です。購入する際は、竹の種類に注目しましょう。

天然の竹には個体差があることに注意

竹刀は、天然の竹を使って作られているため、同じ銘柄の竹刀でも個体差があります。そのため、本当に自分にとって使いやすい竹刀を選ぶためには、実際に剣道具屋へ足を運び振り比べる必要があります。

どうしても通販で竹刀を購入する必要がある場合は、一度購入したことある防具屋がやっている通販で購入することをおすすめします。

竹刀の通販購入の失敗談

こちらは、ばんとう武道商店のお客さんで、実際に竹刀を通販購入した方の失敗談です。

今後通販での購入を検討している方は、参考にしてください。

・大学4年生男子(22歳)
竹刀の値段が1本あたり完成品で2,000円程度と安価であったため、何度か購入をしたが、結果全てがすぐに割れてしまい、コスパが悪かった。

・高校2年生女子(17歳)
通販で竹刀をまとめて10本購入したが、バランスが悪く自分に合わなかったため結局たった2本しか実際に使用しなかった。ほとんど使うことができなかったため非常にもったいなく、悔しい思いをした。

剣道小物を通販で買うときのポイント

面紐や胴紐、鍔止め(つばどめ)、竹刀袋、木刀などの剣道具に関する小物類は、比較的個体差も少なくネットでも安心して購入することができるでしょう。ネットの方が、色や柄など多彩な場合も多いので、変わった小物が欲しい場合は、ネットで探してみるのが良いかもしれません。

まとめ

通販は、メリット・デメリットを理解し、気をつけるべきポイントさえしっかりおさえていれば、非常に便利なので上手に付き合っていきたいですよね。防具は、身体にフィットしないと使いづらく、機能性も劣ってしまうため必ず店頭で確かめてから購入することをおすすめします。竹刀は、店頭で振り比べるのがベストですが、通販の際には竹の種類に注意して購入しましょう。気をつけるべきポイントをしっかりおさえて、後悔のない買い物をしてください。

店舗に行けない!どうしても通販で買いたい場合

防具を通販で購入するときは、サイズが合わないリスクをできるだけ小さくしましょう。また、竹刀を購入するときも、信頼のおける通販で購入するようにしましょう。

ばんとう武道商店では、お客様からの声をもとに、今までの通販で不安だったポイントを解消し、安心して購入し続けれる仕組みを独自に搭載しています。ここからは、一般的な剣道通販サイトと比較して、ばんとう武道商店の通販サイトのこだわりと仕組みを紹介します。

サイズの合う防具を通販で買えるばんとうの工夫

今まで防具を通販で購入する不安はサイズが合わないことでした。

ばんとう武道商店の通販では、サイズを一緒に測定してから購入いただくことが可能です。

プロのスタッフと一緒に採寸し、購入するため採寸の不安がありません。ばんとうで購入いただく剣道具は、お客様ひとりひとりの採寸データを元にしたフルオーダー防具です。必ず自分の体型にあった防具が購入できるため安心です。

通販で「スタッフと一緒に採寸」ってどうやるの?

ばんとう武道商店の防具通販では、まず一度だけご来店いただくか、ビデオ電話にてスタッフと一緒に測定をしてからご購入いただきます。具体的な流れは以下のとおりです。

人の体の形は十人十色です。そのためばんとう武道商店では、一度きちんと測定をさせていただければ、自分の体の「長さ」だけではなく、「形」も含め一人一人にぴったりの防具をフルオーダーでご注文いただけます。これから防具の通販購入を検討している方はもちろん、面や甲手のサイズは合っているはずなのに、顔がキツイ、物見が合わない、指が窮屈に感じるなど、防具にストレスを感じている方。ぜひ一度だけご来店いただくか、以下のフォームからビデオ電話の日程をご予約いただき、何でもお気軽にご相談ください。

初心者の方でも大歓迎です!

ばんとう防具相談予約フォーム(来店予約/ビデオ電話予約)

自分に合った竹刀が通販で買えるばんとうの工夫

竹刀は、お気に入りの竹刀の銘柄を決め、つかの長さをその場で測定さえすれば、ほとんど同じバランスの竹刀を買い続けることができます。

竹刀に関しても、可能であれば一度ご来店をいただき、お気に入りの竹刀の銘柄と柄の長さをご確認ください。そうすれば、今後も安心して購入し続けていただくことが可能です。ご来店が難しい方でも、ばんとうの通販では、竹刀の柄の太さ、重量、重心位置を独自で測定し、掲載しております。自分の好みがある方は、サイトに掲載している数値を参考に銘柄をお選び頂けます。

ぜひ一度、竹刀の通販を覗いてみてください。

ばんとう竹刀通販

onlinestore_crossing_banner
>「ばんとう武道商店」個人にフィットするお店

「ばんとう武道商店」個人にフィットするお店

神奈川県立武道館前の武道具店。竹刀の品揃えは日本一を誇っており、全てが完成品で試打可能。必ずあなたに合った最高の1本に出会えます。 "全身丸洗い可能なジャージ防具" や、"極厚だけれどもすでに近いコテ" など防具の品揃えも豊富なお店です。 「用具の総重量はどの競技よりも重たいのに、用具選びが感覚的である」ことに疑問を感じ、剣道を科学的に分析し用具作りなどにチャレンジしています。一般的に知られていない防具・竹刀の正しい選び方などについて、何でもご相談ください。

CTR IMG